ヨーロッパ鉄道旅行写真 デジタルアーカイブスのご案内
1983年から2009年まで、18回にわたってヨーロッパを旅しました。 そのうち、1990年から2005年にかけての14回は、ポジで撮った写真が残っています。

しかし、ケースに入ったまま眠っている状態で、年とともに劣化が進んでいるようです。 このまま埋もれてしまってはもったいないので、思い切ってデジタル化をすることにしました。

手作業では面倒なので、お金はかかりますが、ヨドバシカメラでS-DVD化の注文を出すことにして、少しづつDVDになって戻ってきています。 すっかり忘れていた画像も多く、新たに旅をしたみたいな気分です。 ブログで紹介していきますので、このページは、その一覧、インデックスとして活用していただければと思います。

by NODA Takashi

それぞれのタイトルをクリックすると、ブログの該当ページに飛べ、写真を見ることができます。

CONTENTS

1990年、北欧、ドイツ
1994年春、イタリア
1994年夏、フランス、オランダ、ドイツ
1995年夏、ドイツ、オーストリア
1997年春、デンマーク、スウェーデン
1997年夏、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー
1999年夏、ドイツ、チェコ
2000年夏、ドイツ、イギリス、北欧、チェコ、オーストリア、スロヴァキア
2001年夏、ドイツ、チェコ
2003年夏、ドイツ、オーストリア、イタリア

1990年

Noタイトル内容 行程or項目国名
01 北極圏への旅 夜行列車「ノルドピーレン号」 ストックホルム⇒ナルヴィク スウェーデン、ノルウェー
02 ノルウェーのディーゼル機関車 小型航空機で移動、アメリカンスタイルのDL牽引列車で南下 ナルヴィク⇒ボードー⇒トロンハイム⇒オスロ ノルウェー
03 ノルウェーの首都オスロの郊外電車 山小屋風木造電車、フログネル公園、ホルメンコレン・ジャンプ台 オスロ市内 ノルウェー
04 国際夜行列車『アルフレッド・ノーベル』号 国際寝台列車の旅 オスロ⇒ヨーテボリ⇒コペンハーゲン⇒プットガルデン⇒リューベック ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、ドイツ
05 リューベック中央駅 リューベック中央駅の紹介 リューベック中央駅 ドイツ
06 世界遺産の街リューベック リューベックの紹介 ホルステン門、ブッデンブロークハウス、観光船乗り場 ドイツ
07 ティル・オイレンシュピーゲルゆかりの町メルン メルン ローカル線、ティル・オイレンシュピーゲルの像、ティル・オイレンシュピーゲルの名を冠した施設 ドイツ
08 湖上の街ラッツェブルク ラッツェブルク ローカル線、大聖堂、郷土博物館、パウル・ウェーバー美術館、バーラッハ美術館 ドイツ
09 バルト海の保養地トラーヴェミュンデ トラーヴェミュンデ ローカル線、トラーヴェミュンデの海岸 ドイツ
10 居心地のよかったリューネブルク リューネブルク リューネブルクの2つの駅、聖ヨハニス教会、マルクト広場、塩博物館、観光馬車 ドイツ
11 懐かしのインターレギオでツェレへ インターレギオ(急行に相当)の旅  リューネブルク⇒ツェレ、インターレギオ、103形電気機関車、ビストロカフェ ドイツ
12 「北ドイツの真珠」ツェレの街を散策 ツェレ ツェレ城、木組みの家、103形電気機関車(新塗装) ドイツ
13 ハンザ都市シュターデとシティバーン シュターデ シティバーン、141形電気機関車、シュターデ市内 ドイツ
14 伝説の名列車、元TEEディーゼル特急に遭遇 InterCity "Max Liebermann" VT11.5形、ハンブルク・アルトナ駅、InterCity、Max Liebermann、ベルリン行き ドイツ
15 伝説のディーゼル機関車V200形 V200形牽引のイベント列車 V200形、ハンブルク中央駅⇒リューベック⇒プレーン ドイツ
16 プレーン滞在、湖と駅〜SLの代役ディーゼル機V200形牽引イベント列車の旅。その2 プレーン湖、プレーン駅、ローカル列車 V200形イベント列車の旅2、プレーン⇒ハンブルク中央駅 ドイツ
17 イベント列車の旅、その3 蒸気機関車50形登場、ヴェスターラント行きイベント列車 ハンブルク・アルトナ駅 ドイツ
18 ハンブルクの鉄道情景 103形電気機関車牽引インターシティ、インターレギオ、貨物列車、など ハンブルク中央駅、、アルスター湖畔、ハンブルク・アルトナ駅 ドイツ
19 統一直前のベルリンへ 132形(のち232形)ディーゼル機関車牽引列車、119形(のち219形)ディーゼル機関車牽引列車、ベルリン・ツォー駅付近、など ハンブルク・アルトナ駅⇒ベルリン・ツォー駅、ベルリン・フリードリヒシュトラーセ駅 ドイツ
20 ベルリン1990年夏 ベルリンの近郊電車、地下鉄、観光名所 Sバーン(近郊電車)、Uバーン(地下鉄)、ブランデンブルク門、ベルリンの壁、チャーリーポイント、 ウンター・デン・リンデン、ベルリン・フィルのコンサートホール ドイツ
21 大学都市ゲッティンゲン ゲッティンゲン中央駅と町の紹介 中央駅駅舎、駅で見かけた車両、ガチョウ娘の像、大学 ドイツ
22 文化都市アウクスブルク アウクスブルクの町と路面電車 フッゲライ、路面電車 ドイツ
23 機関車牽引のルフトハンザ・エアポート・エクスプレス シュトゥットガルト中央駅に発着するルフトハンザ・エアポート・エクスプレス 専用塗装の111形電気機関車、ロゴ、サボ、発着シーン ドイツ
24 ドイツ鉄道模型の老舗メルクリン社訪問 シュトゥットガルト中央駅⇒ゲッピンゲン、メルクリン・ミュージアム 快速列車、ゲッピンゲン駅、メルクリン・ミュージアム ドイツ

CONTENTSへ戻る

1994年、春、イタリア

Noタイトル内容 行程or項目国名
01 アルプスを越えてイタリアへ 国際列車「ヴェルディ号」 フランクフルト⇒(ICE)⇒マンハイム⇒(ヴェルディ号)⇒バーゼル⇒ゴッタルド峠⇒キアッソー⇒ミラノ ドイツ、スイス、イタリア
02 ミラノ中央駅で見かけた車両たち ミラノ中央駅 ミラノ中央駅、FS(イタリア国鉄)の客車、電気機関車、入換機 イタリア
03 ミラノの観光〜ドゥオモ、スカラ座、路面電車など ミラノ市内 大聖堂ドゥオモ、ガレリア、スカラ座、路面電車、サンタ・マリア・デッラ・グラツィエ教会、モンテ・ナポレオーネ イタリア
04 ミラノからヴェネツィアへ ミラノ中央駅⇒ヴェネツィア・サンタ・ルチア駅 ミラノ中央駅、ブレシア、ペシーラ、ヴェローナ、ヴィチェンツァ、パドヴァ、ヴェネツィア・メストレ駅、リベルタ橋、ヴェネツィア・サンタ・ルチア駅 イタリア
05 ヴェネツィア観光、ワーグナー終焉の地を訪ねて ヴェネツィア市内 サン・マルコ広場、サン・ジョルジョ・マッジョーレ島、溜息の橋、リアルト橋、ヴェンドラミン・カレルジ宮、カジノ、リヒャルト・ワーグナー終焉の地 イタリア
06 オリエント急行に遭遇 ヴェネツィア・サンタ・ルチア駅に停車中のオリエント急行 ヴェネツィア・サンタ・ルチア駅、VSOE(Venice Simplon Orient Express) イタリア
07 ヴェネツィアからフィレンツェへ ヴェネツィア・サンタ・ルチア駅⇒ボローニャ中央駅⇒フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅 ヴェネツィア・サンタ・ルチア駅、各種客車、ボローニャ中央駅、インテルシティ「チェリーニ号」、フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅 イタリア
08 フィレンツェの観光 市内観光、ルネッサンスの美術鑑賞 花の聖母教会、ダビデ像、ウフィッチ美術館、ポンテヴェッキオ、サンマルコ美術館など イタリア

CONTENTSへ戻る

1994年、夏、フランス、オランダ、ドイツ

Noタイトル内容 行程or項目国名
01 パリの乗り物 パリ市内とユーロディズニーランド パリのメトロ、RER、ユーロディズニーランド、モンマルトルのケーブルカー、パリのターミナル駅 フランス
02 最後のTEEに乗車 TEE (Trans Europ Express) "Brabant" パリ北駅⇒ブリュッセル(乗り換えてオランダ国内へ) フランス、ベルギー
03 高級リゾートだったスケベニンゲン ハーグ中央駅、トラムでスケベニンゲンへ ハーグ中央駅、路面電車、スケベニンゲン、浜辺、クアハウス オランダ
04 ミニチュアテーマパーク『マドローダム』 ハーグのミニチュアテーマパーク「マドローダム」 マドローダム園内(街並み、国際司法裁判所、駅、列車、路面電車 オランダ
  国際列車ECレンブラント号 アムステルダム中央駅⇒国境駅エメリッヒ⇒ボン エメリッヒ駅での増結作業、ボンに到着 ドイツ
  ヴィスバーデン中央駅と水力鉄道 マインツ⇒ヴィスバーデン ヴィスバーデン中央駅、ヴィスバーデン・シティ号、ネオベルク登山鉄道 ドイツ

CONTENTSへ戻る

1995年、夏、ドイツ、オーストリア

Noタイトル内容 行程or項目国名
01 ドイツ南部ウルムのドナウ河を渡る列車 ウルムの大聖堂をバックにドナウ河を渡る様々な列車 高速列車ICE、インターシティ、ローカル列車、など ドイツ
02 ザルツブルクで見かけた『ガラス電車』 観光用車両『ガラス電車』 ガラス電車、ザルツブルク中央駅、モーツァルト像 オーストリア

1997年、春、デンマーク、スウェーデン

Noタイトル内容 行程or項目国名
01 スウェーデン南部の近郊電車 スコーネ地方を走る近郊電車 ポーガートーグ、マルメ、ルンド、ヘルシンボリ スウェーデン

1997年、夏、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー

Noタイトル内容 行程or項目国名
01 デンマークのディーゼル機関車 国境駅で遭遇したアメルカンスタイルの機関車 Padborg、MX形1001号機、インターレギオ デンマーク

1999年、夏、ドイツ、チェコ

Noタイトル内容 行程or項目国名
01 名機ゼロイチ撮影行 蒸気機関車ゼロイチ牽引のイベント列車 フランクフルト⇒ダルムシュタット⇒エアバッハ⇒カイルバッハ⇒エーベルバッハ ドイツ
02 国際列車の珍しい牽引機 国際列車EuroCity"Karlstein"の牽引機 フランクフルト⇒ニュルンベルク⇒プラハ、218形ディーゼル機関車の珍しい塗装 ドイツ、チェコ
03 ドヴォルザークの生地ネラホゼヴェスへ プラハの近郊電車、ローカル列車 プラハ・マサリク駅⇒クラルピ・ナド・ヴルタヴォウ⇒ネラホゼヴェス チェコ
04 ドヴォルザークの生地ネラホゼヴェスへ(2) ネラホゼヴェス駅から徒歩で隣の駅、ドヴォルザーク記念館 ネラホゼヴェス駅の隣の小さな駅、ドヴォルザーク記念館の鉄道展示 チェコ
05 ドヴォルザークの生地を行きかう列車たち ネラホゼヴェス駅の隣の小さな駅Nelahozeves zastavkaで撮り鉄 ローカル列車、レールバス、国際列車EuroCity "Porta Bohemica"、"Vindobona"、国内急行”Vsacan” チェコ

2000年、夏、ドイツ、イギリス、北欧、チェコ、オーストリア、スロヴァキア

Noタイトル内容 行程or項目国名
01 バルト海横断 スウェーデンからドイツへの国際列車 マルメ⇒トレレボリ⇒ザスニッツ⇒ベルリン スウェーデン、ドイツ
02 ブラチスラヴァへの日帰り旅行 ウィーンからスロヴァキアへの国際列車 ウィーン⇒ブラチスラヴァ オーストリア、スロヴァキア
03 スロバキアの首都ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ市内散策 ブラチスラヴァの路面電車、ブラチスラヴァ城、国立劇場など スロヴァキア

2001年、夏、ドイツ、チェコ

Noタイトル内容 行程or項目国名
01 ICE「ヨハン・セバスチャン・バッハ号」でライプツィヒへ 高速列車ICE「ヨハン・セバスチャン・バッハ号」 フランクフルト中央駅⇒ライプツィヒ中央駅 ドイツ
02 バッハゆかりのトーマス教会 ライプツィヒでバッハゆかりの地を巡る トーマス教会、バッハ像、バッハ博物館、カフェー ドイツ
03 廃駅ライプツィヒ・バイエルン駅訪問 ライプツィヒ市内の廃墟の実態 ライプツィヒ・バイエルン駅、ゴーゼ・ビール ドイツ
04 ライプツィヒのトラム ライプツィヒの路面電車各種 新型車両、ラッピング車両、旧型車両、観光電車、イベント電車 ドイツ
05 ライプツィヒ市内のトラム旅 ライプツィヒの路面電車で郊外へ(3番系統) 中央駅前⇒Sportforum ⇒ Knautkleeberg、DBのKnauthain駅 ドイツ
06 ライプツィヒ市内のトラム旅、その2 ライプツィヒの路面電車で郊外へ(1番系統) 中央駅前⇒Lausen、Kurkwitzer See(クルクヴィッツ湖) ドイツ
07 ライプツィヒから隣国チェコへ ライプツィヒ中央駅発、ローカル列車乗り継ぎ旅 ライプツィヒ中央駅⇒Plauen ⇒ Bad Brambach (国境駅)⇒ Cheb(へプ) ドイツ・チェコ
08 チェコの鈍行客車列車で温泉保養地へ 貴重な鈍行客車列車の旅 Cheb(へプ)⇒ Karlovy Vary(カルロヴィ・ヴァリ)(旧名カールスバート)⇒ チェコ
09 チェコの温泉保養地の高級ホテル 老舗5つ星ホテルと飲む温泉 Karlovy Vary(カルロヴィ・ヴァリ)(旧名カールスバート)のグランドホテル・パップ(プップ)、コロナーダ(飲泉所) チェコ
10 チェコの温泉保養地カルロヴィ・ヴァリ 芸術家ゆかりの地、ケーブルカー Karlovy Vary(カルロヴィ・ヴァリ)(旧名カールスバート)ゲーテ、ドヴォルザークゆかりの地、サドヴァー・コロナーダ、ケーブルカーで見晴らし台へ チェコ
11 カルロヴィ・ヴァリ市内にあるローカル線の駅 カルロヴィ・ヴァリ・ドルニー駅 Karlovy Vary(カルロヴィ・ヴァリ)(旧名カールスバート)市内のドルニー駅。 列車の行先は、もうひとつの温泉保養地マリアンスケ・レズニエ(旧名マリエンバート) チェコ
12 カルロヴィ・ヴァリからドイツへ戻る列車旅 チェコ国内の急行列車、Vogtlandbahn、DBのローカル列車 Karlovy Vary(カルロヴィ・ヴァリ)駅⇒へプ⇒マルクトレドヴィッツ⇒ニュルンベルク中央駅 チェコ・ドイツ
13 ニュルンベルクで途中下車 駅前を走る路面電車、職人広場入口、DBの列車 ニュルンベルク中央駅&駅前 ドイツ
14 ミュンヘンで乾杯!! ミュンヘン市内 中央駅前⇒カールスプラッツ⇒市庁舎⇒バイエルン国立歌劇場⇒ホフブロイハウス ドイツ
15 ミュンヘンのニンフェンブルク城訪問 ミュンヘン市内 中央駅前⇒ニンフェンブルク城⇒中央駅前 ドイツ
16 ディーゼル版ICE ミュンヘン中央駅で撮影した
ICE-TD
ミュンヘン中央駅 ドイツ
17 ドイツの高速列車ICEの食堂車 ICE1の食堂車車内 ミュンヘン中央駅⇒フランクフルト中央駅 ドイツ
18 フランクフルトのリンゴ酒電車 路面電車のイベント車両「リンゴ酒電車」 フランクフルト中央駅前⇒ハイデ・シュトラーセ⇒市内周遊⇒フランクフルト中央駅前 ドイツ
19 蒸気機関車ゼロイチ牽引のライン河花火見物列車(1) イベント SL列車 フランクフルト中央駅⇒ボッパルト⇒つづく ドイツ
20 蒸気機関車ゼロイチ牽引のライン河花火見物列車(2) イベント SL列車 ボッパルト⇒コブレンツ⇒フランクフルト中央駅 ドイツ

2003年、夏、ドイツ、オーストリア、イタリア

Noタイトル内容 行程or項目国名
01 ドイツからヴェネツィアへ ミュンヘンからヴェネツィアへの国際列車 ミュンヘン⇒インスブルック⇒ヴェローナ⇒ヴェネツィア ドイツ、オーストリア、イタリア
02 ヴェネツィアの休日 ヴェネツィアへ市内散策 運河、サンマルコ広場、溜息橋、カフェ・フローリアン イタリア
03 インターシティで大移動 イタリア東海岸縦断 ヴェネツィア⇒ヴェローナ⇒ボローニャ⇒チヴィタノーヴァ・マルケ イタリア
04 マチェラータを走るローカル線 旅の目的地マチェラータの鉄道 チヴィタノーヴァ・マルケ⇒マチェラータ イタリア
05 マチェラータの街歩き 旅の目的地マチェラータの街歩き マチェラータ イタリア
06 マチェラータを走るローカル線を完乗して終点へ ローカル線乗り鉄&乗換駅での撮り鉄 マチェラータ⇔ファブリアーノ イタリア
07 鍾乳洞、演奏会、アッシジ 音楽セミナー一行にお付き合い マチェラータ⇒フラサッシ鍾乳洞、ウッシタの演奏会場、⇒アッシジのサン・フランチェスコ大聖堂 イタリア
08 特急列車でローマへ イタリアの高速列車第1世代のETR450に乗車 アッシジ⇒ローマ・テルミニ駅、空港駅付近を走る列車 イタリア

by NODA Takashi

HOME 最近の活動 に戻る