ヨーロッパ鉄道旅行写真 デジタルアーカイブスのご案内
1983年から2009年まで、18回にわたってヨーロッパを旅しました。 そのうち、1990年から2005年にかけての14回は、ポジで撮った写真が残っています。

しかし、ケースに入ったまま眠っている状態で、年とともに劣化が進んでいるようです。 このまま埋もれてしまってはもったいないので、思い切ってデジタル化をすることにしました。

手作業では面倒なので、お金はかかりますが、ヨドバシカメラでS-DVD化の注文を出すことにして、少しづつDVDになって戻ってきています。 すっかり忘れていた画像も多く、新たに旅をしたみたいな気分です。 ブログで紹介していきますので、このページは、その一覧、インデックスとして活用していただければと思います。

それぞれのタイトルをクリックすると、ブログの該当ページに飛べ、写真を見ることができます。

1990年

Noタイトル内容 行程or項目国名
01 北極圏への旅 夜行列車「ノルドピーレン号」 ストックホルム⇒ナルヴィク スウェーデン、ノルウェー
02 ノルウェーのディーゼル機関車 小型航空機で移動、アメリカンスタイルのDL牽引列車で南下 ナルヴィク⇒ボードー⇒トロンハイム⇒オスロ ノルウェー
03 ノルウェーの首都オスロの郊外電車 山小屋風木造電車、フログネル公園、ホルメンコレン・ジャンプ台 オスロ市内 ノルウェー
04 国際夜行列車『アルフレッド・ノーベル』号 国際寝台列車の旅 オスロ⇒ヨーテボリ⇒コペンハーゲン⇒プットガルデン⇒リューベック ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、ドイツ
05 リューベック中央駅 リューベック中央駅の紹介 リューベック中央駅 ドイツ
06 世界遺産の街リューベック リューベックの紹介 ホルステン門、ブッデンブロークハウス、観光船乗り場 ドイツ
07 ティル・オイレンシュピーゲルゆかりの町メルン メルン ローカル線、ティル・オイレンシュピーゲルの像、ティル・オイレンシュピーゲルの名を冠した施設 ドイツ
08 湖上の街ラッツェブルク ラッツェブルク ローカル線、大聖堂、郷土博物館、パウル・ウェーバー美術館、バーラッハ美術館 ドイツ
09 バルト海の保養地トラーヴェミュンデ トラーヴェミュンデ ローカル線、トラーヴェミュンデの海岸 ドイツ
10 居心地のよかったリューネブルク リューネブルク リューネブルクの2つの駅、聖ヨハニス教会、マルクト広場、塩博物館、観光馬車 ドイツ
11 懐かしのインターレギオでツェレへ インターレギオ(急行に相当)の旅  リューネブルク⇒ツェレ、インターレギオ、103形電気機関車、ビストロカフェ ドイツ
12 「北ドイツの真珠」ツェレの街を散策 ツェレ ツェレ城、木組みの家、103形電気機関車(新塗装) ドイツ
13 ハンザ都市シュターデとシティバーン シュターデ シティバーン、141形電気機関車、シュターデ市内 ドイツ
14 伝説の名列車、元TEEディーゼル特急に遭遇 InterCity "Max Liebermann" VT11.5形、ハンブルク・アルトナ駅、InterCity、Max Liebermann、ベルリン行き ドイツ
15 伝説のディーゼル機関車V200形 V200形牽引のイベント列車 V200形、ハンブルク中央駅⇒リューベック⇒プレーン ドイツ
16 プレーン滞在、湖と駅〜SLの代役ディーゼル機V200形牽引イベント列車の旅。その2 プレーン湖、プレーン駅、ローカル列車 V200形イベント列車の旅2、プレーン⇒ハンブルク中央駅 ドイツ
17 イベント列車の旅、その3 蒸気機関車50形登場、ヴェスターラント行きイベント列車 ハンブルク・アルトナ駅 ドイツ
18 ハンブルクの鉄道情景 103形電気機関車牽引インターシティ、インターレギオ、貨物列車、など ハンブルク中央駅、、アルスター湖畔、ハンブルク・アルトナ駅 ドイツ
19 統一直前のベルリンへ 132形(のち232形)ディーゼル機関車牽引列車、119形(のち219形)ディーゼル機関車牽引列車、ベルリン・ツォー駅付近、など ハンブルク・アルトナ駅⇒ベルリン・ツォー駅、ベルリン・フリードリヒシュトラーセ駅 ドイツ
20 ベルリン1990年夏 ベルリンの近郊電車、地下鉄、観光名所 Sバーン(近郊電車)、Uバーン(地下鉄)、ブランデンブルク門、ベルリンの壁、チャーリーポイント、 ウンター・デン・リンデン、ベルリン・フィルのコンサートホール ドイツ

HOME 最近の活動 に戻る